女子には悩みがいっぱい、手汗をかくのもその1つ

女子には悩みがいっぱい、手汗をかくのもその1つです。

手汗のはじまり
私が十代半ばころ、暑い時期になると手に小さなぶつぶつができるようになりました。はじめは全く気にならなかったのですが、だんだん皮がむけてきて周りの目が気になるようになってきました。

 

 

特にかゆみはなかったのですが、皮のむけた手を人に見られるのがとても恥ずかしくて医者に行くのも気が引けており、そのまま数年間過ごしました。マニキュアなんて手が目立ってしまうおしゃれも、恥ずかしくて全くできないことが残念でした。

 

 

寒い時期になると発疹がなくなり、そして毎年夏になるとやはり発症していました。十代後半になり、このままだと彼氏と手をつなぐのも恥ずかしいと思い、思い切って医者にかかることにしました。それまで謎だった理由として、手汗で水泡ができているとの事、水虫でなくてよかったとほっとしました。しかし手汗は体質のため改善するのが難しいとの事でした。

 

 

解消方法

医者にもらった薬の中で、かなりべたべたした軟膏があり、それをつけるとすぐにきれいに発疹が治りました。やっと解決できたと一時は喜びましたが、常に軟膏を手につけている事ができず、長続きはしませんでした。医者も1人だけでなく、3件の皮膚科をまわり相談しました。あるお医者さんは、緊張しやすいタイプの人は手汗はが出やすいので、もう少し年齢が高くなっていろんな出来事に物怖じしなくなれば自然と治ると言っていました。

 

 

確かに、すぐに緊張しやすいタイプで手に汗をかきやすいし顔も真っ赤になる体質です。でも特に病気でもなく、いずれ治るならほっておけばいいのかなとちょっと気が楽になったのを覚えています。気になりだすと余計にひどくなっているような気もします。

 

 

一番の解決策は開き直ることなのかもしれません。堂々と、手に汗かいてしまう体質だからと相手に言えたらそれで済んでしまう事なんだと思います。

 

 

いずれ手汗がなくなり、手がきれいになったら指輪やマニキュア等いろんなおしゃれを楽しみたいと思います。誰かと手をつなぐのも堂々とできるようになりたいです。さわったメモ用紙に指紋がつかなくなる日も待ち遠しいです。