手汗・足汗に効く制汗剤

手汗が気にならない制汗剤とは?

制汗剤の中には、身体のさまざまな部位に使用できるものが販売されていますが、手汗が気にならなくなるタイプのものも存在しています。一般的に販売されている制汗剤は、スプレータイプやパウダータイプの他にも、クリームタイプのものまで色々ありますので、選ぶのが難しいということもありますが、やはり使用する身体の部分に合ったものを選ぶことがポイントになります。

 

 

手汗の場合ですと、汗が頻繁に出てこないようにするための成分が含まれているものが良いです。これは、汗が出てこないように汗腺に働きかけますので、制汗としての効果が期待できるものとなっています。手は普段から家事や仕事で使うものですから、汗が出てきますと仕事や家事に支障をきたすこともあります。

 

 

そのようなことを防ぐためには、制汗剤を使用することが役立ちますが、手に使用するタイプのものはスプレータイプよりもパウダータイプのものがおすすめです。なぜなら、スプレータイプのものは素材が液状になっているものが多いですから、手汗を止める効果が持続しないことがあるからです。それよりも、パウダータイプのものは制汗の働きが長い間持続しますので、手に使用する制汗剤はパウダータイプのものが効果的です。

 

 

しかし、長時間効果が持続するといっても手汗が完全に止められるというものではありませんので、こまめに使用することが必要になってきます。そのような場合には、パウダータイプのものではなくクリームタイプのものを使用するというのも選択肢のひとつになります。クリームタイプのものは、パウダーよりも制汗の効果が持続するということがわかっていますので、手に使用するものとしては最適のものだと言えるかもしれません。

 

 

ただ、クリームタイプのものを使用する際にも注意点があります。それは、手にクリームを塗った時にベタベタしないものを選ぶということです。できることなら、油分の入っていないものを選ぶのが理想的ですが、手に塗った後でサラサラするタイプのものを選ぶことが肝心です。このように、制汗剤といってもさまざまなタイプのものがありますし、使用する部分によっても使い方が違ってきますので、それぞれの身体の部位に合ったものを使用することが大切です。

 

 

このようなことから、手汗の場合は、制汗の成分がきちんと入っているものを使用するということと、パウダーかクリームタイプのものを使用することがポイントになります。